技能実習生はカンボジアから採用が可能 - カンボジアからの技能実習生を受け入れるメリット

技能実習生はカンボジアから採用が可能

日本の技術を海外で学んだ若い外国人を日本で採用するケースが増え、主に製造業や建設業界で高い注目を集めています。

カンボジアの技能実習生を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

実際に日本から技術者を派遣し、現地で日本人技術者から学んだ若い人材が、学んだスキルを活かして日本で技能実習生として働く事が出来ます。


しかし、決められた業種や職種でした採用ができないため、どの企業でも採用ができる訳ではありませんので、事前に確認が必要となります。


そんな外国人技能研修生に関しては、主に東南アジアからの人材が多く日本で働いており、特に近年はカンボジアからの人材が人気となっています。
非常に真面目な人材が多く、学ぶ意欲も高い人材が多いため、日本での就業でさらに多くの技術を身につける人もいる程です。技能実習生のため、最長で3年の就業しか出来ないですが、カンボジアで日本の技術を学び、そして日本で実際に数年間働く事で、再度カンボジアで日本の技術を広める役割を果たすことが出来ます。現在日本人スタッフしか在籍していない企業の場合、外国人の採用により、社内が活発化する効果もあり、中にはカンボジア人と英語で話す事で語学スキルを高める効果も期待できます。


そのため、社内環境の変化にも繋がり、現在働いているスタッフの方へも良い影響を及ぼす可能性があります。



この様に海外からの採用を検討している企業は、まずは技能実習生から受け入れを検討してみると良いかもしれません。



今後、日本の人材採用が激化した場合、海外とのパイプを持つ事で対応が出来る事でしょう。