カンボジアの技能実習生の特徴

カンボジアの技能実習生には、日本の優れた技術を学びたい、という情熱があります。


発展途上国では、高い技術や知識が必要とされています。

先進国の技術や知識を習得しようと努力している若者は、貴重な存在になっています。カンボジアは政治が治安が安定しており、若者の中の多くは親日的な人です。

カンボジアの技能実習生のことならお任せください。

そのため、一緒に仕事を進めていく仲間として最適だと言えます。

カンボジアの技能実習生を採用する際には、サポートしてもらえる機関があります。



しかし一般的には、企業からの募集がある場合に、実習生候補が絞られます。
企業が要求する人材と候補生との間に、相違点や不備な点がないかチェックされます。
このチェックは、未然にトラブルなどを防ぐことが目的になっています。
採用者が決定すれば、事業に関する内容や日本語について一定期間勉強します。

必要な勉強が終われば、日本に向けて送り出しが行われます。



日本に送り出されたカンボジアの技能実習生は、送り出し機関のサポートを受けます。

およそ三年間という時間をかけ、日本の技術や知識を学んでいきます。

すべてのプロセスが修了したあとは、帰国するケースもあります。


帰国した際には、復職の支援などに関するサポートを行うこともあります。
カンボジアの技能実習生は、日本にとっても刺激的な存在です。

仕事や技術に対する真摯な熱意があるため、人間的に好感を抱くことができます。

発展途上国にとっても先進国にとっても、大きな可能性を秘めています。