カンボジアからの技能実習生を受け入れるメリット

カンボジア人は真面目で素直だと言われています。


穏やかで自己主張があまりありません。ですが協調性を大事にするので上司かの指示には素直に従う傾向にあります。

ベトナム人や中国人に比べ雇う企業側としても安心して雇用できます。
カンボジアは国力自体があまりなく、経済発展もまだまだです。

東南アジアの各国の中でも最貧の国ではないでしょうか。最貧の国であるということは平均賃金が低いですので雇う側の企業にとっては歓迎されます。また、日々貧しい暮らしをしているので、働く意欲に満ち溢れています。

カンボジアの技能実習生の最新情報を見つけよう。

双方の思いが合致して相乗効果をもたらします。日本との相性が良いカンボジア人の技能実習生を雇い技能を習得させることは今後の日本においても役に立つことかもしれません。

日本で学んだ技術をもって実習生は祖国に戻りますが、カンボジアが今後経済発展を遂げた場合、日本との取引先になる可能性もあります。

尚、送り出し期間というものがあり、カンボジア政府から認定された送り出し機関が若者を教育します。
具体的には語学研修や技術教育などです。

実際に技能実習生として日本に送り出されるのは、機関の厳しい基準をクリアしたもののみとなるので、信頼性もより高くなります。


尚、技能実習生を受け入れる方法は2つのタイプがあります。

1つは企業が単独で受け入れるタイプです。

これは、海外の現地法人用の職員として受け入れるパターンです。



もう1つは団体監理タイプです。
団体が受け入れ、傘下の企業で技能実習を行うものになります。